EDはどんな原因がある?

EDは、若い年代でも悩む人は多く、年齢が上がるとより増加傾向にあります。その原因は何らかの病気の影響の場合があり、例えば糖尿病や慢性腎不全、男性更年期障害などです。また生活習慣も大きな原因のひとつになります。特に喫煙は非喫煙者と比べると、EDになる確率が1.8倍も上がると言われています。それは喫煙することにより陰茎に血液を運ぶ動脈の働きが悪くなり、陰茎に流れる血液量が少なくなってしまうからです。またアルコールの飲みすぎもよくありません。適度なアルコールは良い働きをしてくれますが、飲みすぎてしまうと大脳の機能が抑制されてしまい、反応しにくくなってしまいます。

他にもコレステロールが高いことや、うつなども原因になります。内面では真面目で几帳面な人がなりやすいと言われています。過度な勉強やテレビやゲームのやり過ぎも影響を受けます。また手術や放射せん治療をきっかけに、EDに悩むこともあります。

最近はストレスや自信の喪失など精神的なものが原因で、若い人の間でも急増しています。男性は非常に繊細なので、他に気になっている事があるとうまく機能しないという事がよくあります。それ以外に、服用している薬の副作用で発症してしまう場合もあります。

何をきっかけに発症してしまうのかは、個人の体質や生活によって異なります。また、いくつかの原因が混合している場合もあり、原因の特定が難しいケースもあります。

今、もっとも一般的な治療は薬の服用です。治療薬の服用は、臨床試験の結果、8割の人に効果があったとされている非常に有効な薬です。もしも疑いがある場合は、早めの対応をするのが良いでしょう。最初は軽度であっても、気づいたときにはかなり悪化してしまっていて、治療に時間がかかってしまうこともあります。

またこれらの治療薬は早漏にも効果があると言われています。併発する事が多いと言われているので、両方に悩む方には特にお勧めです。しかし公式には発表されていませんので、過度な期待は禁物です。は、若い年代でも悩む人は多く、年齢が上がるとより増加傾向にあります。その原因は何らかの病気の影響の場合があり、例えば糖尿病や慢性腎不全、男性更年期障害などです。また生活習慣も大きな原因のひとつになります。特に喫煙は非喫煙者と比べると、EDになる確率が1.8倍も上がると言われています。それは喫煙することにより陰茎に血液を運ぶ動脈の働きが悪くなり、陰茎に流れる血液量が少なくなってしまうからです。またアルコールの飲みすぎもよくありません。適度なアルコールは良い働きをしてくれますが、飲みすぎてしまうと大脳の機能が抑制されてしまい、反応しにくくなってしまいます。

他にもコレステロールが高いことや、うつなども原因になります。内面では真面目で几帳面な人がなりやすいと言われています。過度な勉強やテレビやゲームのやり過ぎも影響を受けます。また手術や放射せん治療をきっかけに、EDに悩むこともあります。

最近はストレスや自信の喪失など精神的なものが原因で、若い人の間でも急増しています。男性は非常に繊細なので、他に気になっている事があるとうまく機能しないという事がよくあります。それ以外に、服用している薬の副作用で発症してしまう場合もあります。

何をきっかけに発症してしまうのかは、個人の体質や生活によって異なります。また、いくつかの原因が混合している場合もあり、原因の特定が難しいケースもあります。

今、もっとも一般的な治療は薬の服用です。治療薬の服用は、臨床試験の結果、8割の人に効果があったとされている非常に有効な薬です。もしも疑いがある場合は、早めの対応をするのが良いでしょう。最初は軽度であっても、気づいたときにはかなり悪化してしまっていて、治療に時間がかかってしまうこともあります。

またこれらの治療薬は早漏にも効果があると言われています。併発する事が多いと言われているので、両方に悩む方には特にお勧めです。しかし公式には発表されていませんので、過度な期待は禁物です。