性感染症について|症状と種類

性感染症とは怖いですよね。では、当ページは性感染症の症状と種類についてご紹介いたします。性感染病をよく了解してから、その病気を完全予防しましょう。

性感染症とは「性的接触(性交やオーラルセックスなど)によって感染する病気」と定義され、STDとかSTIとも言います。かつての性病とは、梅毒、淋病、軟性下疳、そけいリンパ肉芽腫の4つの病気の総称でしたが、新しい病気が増えたり、無症状の性感染症の危険性が重視され るようになって、分類の仕方が変わったのです。まだまだ一般的に性病という言い方が残っていますが、性感染症が正しい言い方です。

近年の梅毒の特徴として、男性と性交する男性に広まっていること、HIV混合感染が目立つ事などが挙げられます。淋病は無症状の為、なかなか発覚しない性病の1つで、知らない間に感染し不妊の原因となっている場合もあります。性感染症は以上の症状以外にもたくさんあります。もし以上の症状に気になったらお早めに病院に診てもらったほうがいいです。

では、性感染病を予防するために、何をすればいいでしょうか。性交時にコンドームをきちんとつければ予防できます。「コンドームを着用する」「出血のおそれがある性行為をしない」といった基本的な知識を持っていれば、性感染症(STD)の感染はかなりの確率で防ぐことができます。性感染症(STD)の対処方法として最も大切なのは、なるべく早く治療を行うことです。

皆さんはぜひその病気を注意し、自分の性生活の健康を守りましょう。

射精障害の症状と改善方法

射精障害の症状と改善方法はこちらで完全説明いたします。射精障害がある男性たちはぜひご参考になってください。その病気を完治出来る方法を早めに手に入れましょう!

射精障害症状とは、何らかの原因で射精ができない、あるいは精液が出ない、もしくは適切なタイミングで射精できない状態をさします。射精障害は男性不妊の原因にもなり得るものです。早漏は、射精そのものはできるため不妊とはあまり関係のない話になりますが、性機能障害のうち30%を占めるとも言われています。早漏の定義は特にはっきりしたものはなく「30秒くらい」、「女性が満足する前に射精してしまう」ことなど、さまざまな言われ方をします。

射精の障害は実は早漏だけではなく、遅漏もあります。遅漏に関しても、早漏と同じように、射精自体はできているので不妊としてはあまり問題になりません。また、遅漏もはっきりとした定義はなく、射精までの時間が長くなりすぎてしまうことを言います。

最も多いパターンは「オナニーなら射精できるにもかかわらず、セックスでは射精で きない」という膣内射精障害の状態です。

では、その二つの射精障害はどうやって改善出来るでしょうか。膣内射精障害の男性を彼氏、夫に持つ女性はセックスの際に射精できなくても「落ち込まない、責めない、あきらめない」態度がお互いに大切です。それでも改善しないようであれば自然妊娠は難しいため、マスターベーションにより採取した精子を使って人工授精を行っていくことになります。女性の膣内だけに限らず、マスターベーションでさえも射精できない場合は泌尿器科などで専門的な治療を受ける必要があります。

ぜひ射精障害に関しての情報を了解し、早漏や遅漏を早く改善して、完璧な性生活を得ましょう!