性感染症について|症状と種類

性感染症とは怖いですよね。では、当ページは性感染症の症状と種類についてご紹介いたします。性感染病をよく了解してから、その病気を完全予防しましょう。

性感染症とは「性的接触(性交やオーラルセックスなど)によって感染する病気」と定義され、STDとかSTIとも言います。かつての性病とは、梅毒、淋病、軟性下疳、そけいリンパ肉芽腫の4つの病気の総称でしたが、新しい病気が増えたり、無症状の性感染症の危険性が重視され るようになって、分類の仕方が変わったのです。まだまだ一般的に性病という言い方が残っていますが、性感染症が正しい言い方です。

近年の梅毒の特徴として、男性と性交する男性に広まっていること、HIV混合感染が目立つ事などが挙げられます。淋病は無症状の為、なかなか発覚しない性病の1つで、知らない間に感染し不妊の原因となっている場合もあります。性感染症は以上の症状以外にもたくさんあります。もし以上の症状に気になったらお早めに病院に診てもらったほうがいいです。

では、性感染病を予防するために、何をすればいいでしょうか。性交時にコンドームをきちんとつければ予防できます。「コンドームを着用する」「出血のおそれがある性行為をしない」といった基本的な知識を持っていれば、性感染症(STD)の感染はかなりの確率で防ぐことができます。性感染症(STD)の対処方法として最も大切なのは、なるべく早く治療を行うことです。

皆さんはぜひその病気を注意し、自分の性生活の健康を守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です