心因性EDって何?

心因性EDとは体の機能には何の問題もなく正常であるのにも関わらず起きてしまう、勃起不全(ED)のことを言います。体の機能が元気な人が多い20代・30代のEDの原因に心因性EDが多いと考えられます。ではなぜ男性機能に問題がないのにEDが起きてしまうのでしょうか?

ストレスよるED

心因性EDは大きく二つに分けることができます。一つは実際の生活の中で受ける精神面・心身的に受けるストレスによって起こる心因性EDです。(現実心因)現実心因には一見関係なさそうな日常のストレスが関係してきます。緊張・疲労・睡眠不足・悩みごと・不安・容姿、局部へのコンプレックス/セックスへの不安・パートナーへの不満・経済的困窮などです。

女性に「ダメな男ね」「つまらない」などと言われたのがきっかけでEDになってしまった場合はこの心因性EDといえるでしょう。

また全然関係ないように思われますが、仕事の業績が上がらず、上司に叱られることにストレスを感じてしまうことでもEDになる場合があります。このような場合は、自分でも認識しやすいストレスなので自分でEDの原因として理解しやすいです。

またうつ病や統合失調症などの精神疾患によって起こるのも現実心因に含まれます。いざ、という時に勃起しないのはこちらの現実心因の中に原因があることが多いようです。

過去の体験やトラウマによるED

もう一つは普段の生活ではストレスはなく、幼少期の体験や、性的虐待など、過去のトラウマによって深層心理にある原因によって起こる心因性EDです。(深層心因)深層心因は根本的な問題、心理要因であると考えられます。ホモセクシュアル・幼少期の体験・性的虐待を受けたトラウマや両親の離婚、不仲・性癖の相違などもこれにあたるでしょう。

例えば両親の離婚、不仲ですが、自身の結婚・良好なパートナーとの関係に憧れを持ちづらくなりそこから勃起不全へとつながってしまうこともあります。また性的なトラウマを抱えてしまうと、セックスへの嫌悪が根本的に植え付けられてしまい勃起不全となります。

ホモセクシュアル・性癖の相違については、それぞれ、男性には興奮して勃起する。性癖の一致で勃起することがあればEDではなく、それを否定されることによって勃起不全の原因となりえます。深層心因の問題は普段のストレスとは違い改善しようにも自分では取り去ることが難しいものが多いです。