女性にも効き目?れびとらと女性関係

れびとらは男性ペニスサイズの勃起障害を改善するED治療薬です。

れびとらは血管を拡張する効き目があり、男女を問わず効き目を発現すると言われています。個人格差にもよりますが、男性器同様に女性器の血流もよくなることで、医学的や心理学的な検証は特にされていませんが、女性にも効き目が表れる場合があると、一部の臨床試験で公開されつつあります。

100人の女性にれびとらを処方したところ、被験者の大部分に効き目が得られ、女性性器周辺が敏感になり、オーガズムに達しやすくなったとの実験結果が得られたそうです。しかし、医学的な証拠は今だに発表されてません。女性には、男性と違い、陰茎海綿体や尿道海綿体が無いので、勃起という概念はありません。

女性がれびとらを服用した場合、最悪のケースとしては、効き目はなく、ただ頭痛、ほてり、潮紅、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、視覚異常、彩視症、光視症といった副作用との戦いに苦しむ可能性もでてきます。結果的に個人差にもよりますが、れびとらは女性が服用しても、望ましい効き目は期待できません。れびとらは女性用の薬ではありませんので、女性への服用は控えましょう。

ED治療薬のれびとらを利用してEDを克服した40代男性がいました。この方はれびとらの強力な勃起サポート力で奥様との夜の生活が戻り夫婦円満を満喫していた時に、ふと思ったそうです。妻にれびとらを飲ませたらどうなるんだろう、と。

れびとらは男性性器回りの血管を拡張させて流れ込む血液量を増やす事で勃起を起こす仕組みです。

果たして女性が飲んだらどうなるのでしょうか。

その昔、バイアグラが誕生した折にはED治療薬への誤解もあって飲むだけで勃起したり、セックス意欲が増すように勘違いをしてる方が多く、女性がバイアグラを服用でもセックス意欲が増すような媚薬になるといった間違った認識がありました。

ただ飲んだ女性からは飲むと、やはり性的に感度が増すと感じられる方もいたそうですが、実際はブラセボ効果なのかも知れません。れびとらを含め男性用のED治療薬には女性用に開発されていませんので医学的にはなんの根拠もないのです。